丸徳クラブの紹介



創部から現在まで

丸徳クラブの紹介(世界選手権出場の激励会、清水市役所にて撮影)


    丸徳クラブは、静岡県清水市に所属する綱引チームです。
    1984年に丸徳運送とその関連会社の社員によりチーム名、丸徳運送が発足。
    1987年に夢の全日本綱引選手権大会初出場、予選でその年全国3位の鳥取県の倉吉打吹タガース
    台風8号と2分58秒の熱戦の末敗れ予選落ち。
    1988年の全日本綱引選手権大会でも、天敵の倉吉打吹タガース台風8号に熱戦の末敗れベスト16。
    1989年の全日本綱引選手権大会で準優勝。
    その後、部員の減少とライトミドル級に階級が改訂される問題を解決するため、清水ライズと合併し、
    チーム名を丸徳クラブと改める。
    1990年の全日本綱引選手権大会で3位。
    1991年の全日本綱引選手権大会で3位。
    1992年の全日本綱引選手権大会で優勝。
    1993年に世界綱引選手権大会、世界クラブ選手権大会出場。
    1994年の全日本綱引選手権大会で予選全敗後、解散。
    1995年の春、元丸徳クラブの4人と元やだもん清水の3人、合計7人で丸徳クラブを再結成。
    1996〜1999年の4年間、全日本綱引選手権大会で予選落ち。
    2000年の全日本綱引選手権大会でベスト8。
    2000年のアジアオープン綱引選手権大会で優勝。
    2001年の全日本綱引選手権大会でベスト16。
    2002年の全日本綱引選手権大会で予選落ち。